医療事務は専門学校に通学して習おう|スキルアップを目指して

目的に合わせて進学する

保育士

養成機関ごとに特徴あり

最近では待機児童の問題がクローズアップされるとともに、保育士についても注目が集まりました。保育士になるためには国家試験に合格する方法と、国が認定する保育士養成学校を卒業する方法と2通りのやり方が存在します。保育士養成学校には4年制大学や短大、更には専門学校があります。必要な単位を修得して卒業すれば良いのですが、それぞれの学校に入学するためには高卒の資格が必要です。4年制大学に行くメリットは、時間をかけて色々なことがじっくり学べることです。保育士になるための専門知識や技術だけではなく、一般教養も学ぶことができるため幅広い知識が身につきます。また保育士以外の仕事に就きたいなど、途中で将来の方向性が変わっても修正できるのが大学の良いところです。他の学部や学科が併設されていれば、授業やクラブ活動を通じて人脈が広がります。専門学校には2年制と3年制がありますが、2年制ならば学費が安くすみます。早く現場で活躍したいならば専門学校がおすすめです。ただし2年制の専門学校では、幼稚園教諭の資格が取得出来るコースと出来ないコースがあります。3年制専門学校の多くは幼稚園教諭の資格が取得できるため、もし両方狙いたいのであれば3年制に進学することをおすすめします。更に働きながら保育士の資格を取得したい場合は、夜間課程の専門学校に通ってみましょう。夜間課程にも2年制と3年制がありますが、授業開始時間などがそれぞれ異なります。仕事のスケジュールに合わせて選ぶと良いです。