医療事務は専門学校に通学して習おう|スキルアップを目指して

人形

気軽にキャリアアップ

比較的取得が容易でビジネスにおいて役に立つ資格に証券アナリストやファイナンシャル・プランナーがあります。数字に強いことをアピールできますし、取得課程を通じてビジネスマンに必要な知識を得ることができるため挑戦する価値は高いものと言えるでしょう。

保育園

教員免許を取得しよう

今、大学進学について考えている人は、幼稚園教諭を目指してみると良いでしょう。最近は幼稚園教諭の免許状と小学校教諭の免許状の両方を取得できる大学が増えているので、情報収集して志望校を決め、合格に向けて勉強しましょう。

保育士

目的に合わせて進学する

保育士になるためには、国が指定する養成機関を卒業する方法があり、養成機関には大学や専門学校などがあります。養成機関はそれぞれに特徴やメリットが異なっています。自分の目的や都合に合わせて進学先を選ぶと良いでしょう。

就職に役立つ人気の資格

女性

病院等に欠かせない仕事

就職・転職に有利な資格の中でも、比較的取得しやすいとして評判なのが医療事務の資格です。医療事務は、病院・医院・歯科医院などの医療機関における事務全般を指す言葉です。受付や会計のような接客業務から書類整理、データ入力といった一般事務まで、仕事の内容は多岐にわたります。診療報酬を保険者に請求するレセプト業務のような医療機関ならではの専門的な業務もあるので、事前に制度の概要や仕事の手順などについて学習しておくと、就職後に役に立ちます。資格は、その学習成果の証しとなります。医療事務は人気の高い資格なので、学習の機会は豊富にあります。年齢・性別のハンデが少ない仕事のため専業主婦でも学びやすい通信講座が充実していますが、各種学校における通学講座も数多く開講されています。通信講座と通学講座のどちらが良いかという点については、学習時間をどうやって確保するかによって違ってくるので人それぞれです。ただ、時間に余裕のある人であれば通学講座の方が効率的に学べます。テキストを読んだり問題集を解いたりするだけの勉強よりは、授業に直接参加した方が分かりやすさは深まります。また、通学講座には接遇マナー等の研修が含まれているところが多いため、より仕事に直結した実践的なスキルが身につくというメリットがあります。医療事務の通学講座は、週2回の授業でおおよそ2〜3か月学べば資格に挑戦できる、というのが平均的なカリキュラムです。働きながら資格取得を目指す人のために、夜間に受講できる講座もあります。